2017年12月31日

ADLOCK FAKE BAIT CO.

15144148716.jpg

Liberal Anglers BASSPLUGS PROJECT
ADLOCK FAKE BAIT CO.
DEBUT BAITS "WORK ON 001"


wo.jpg
ORENO STYLE ROOT CUSTOM!

posted by ns at 14:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

CRAWLER S.O.B 105

20171230_385743.jpg

CRAWLER S.O.B 105
LIBERAL ANGLERS order color [MALE ORANGE]

サーフェイスプラグのデザインは千差万別。
しかし泳ぐ場所は同じ水面。闇鍋、寄鍋のこの水域。
形態模写もあればユーモアを求めるものアイデアを求めるものも徹底した漁具思考のものある。
まさに現代日本の水面釣具は種の坩堝。

さてさてクローラーは一体なんなんだろうか?
真面目すぎるのか?イカレテルのか?
最近ではコロンビアなんてとこに突然釣りに行ったりと海外に釣行範囲を広げはじめた。
間違いなく今後も目が離せないブランドの一つ。
なぜなら行動範囲と思考範囲は比例するから。
吉と出るか凶と出るかはわからないが、そのアクションはバスプラグに確実に落とし込まれる。
とんちんかな方向に向うかもしれないが、それもまた一興。

クローラーの魅力は徹底した研究と実験的な試み。
それに尽きる。

今回のS.O.B 105モデル。
コピーをつけるなら『近未来的原始プラグ』
前作からサイズを5mmアップ。
今回は左右へのロールを拡張するフロントのラトルホールを排除。
後方に施されたラトルホールのみで前後の揺れを誘発するバランスセッティングに。
しかしながら相変わらず細部にわたりややこしい。
第三者がとやかく口だせるプラグではないと判断。

詳細はクローラーのHPで
http://crawler-web.com/
S.O.Bについて詳しく書かれています!
http://crawlerweb.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

ただ一言。

知らぬが仏   と言うこともある。 
posted by ns at 21:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

OUTING 2017

posted by ns at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする